月イチ海外旅行!飛び回り!

月に一度は飛行機に乗ってどこかに行きたい。
単なる現実逃避なのか、前世が旅人、冒険好きのネズミだったのか?
マイレージを貯めるうちに勤め人でありながら月に一度は海外旅行に✈️。
15歳年上の腰痛持ち、ヘビースモーカーの旦那と一緒に色々な所に出かけます。
ある時は着物友達のマダム達と、
ある時は30代後半独身会社の後輩と、
ある時は学生時代の同級生と。

空港ラウンジ サンフランシスコ編

本日もご訪問ありがとうございます。


今日は、サンフランシスコ国際空港のキャセイラウンジについて書こうと思います。


アメリカの空港は、大きい割に免税店などが全然楽しくないようになってます。


ブランドもの免税店も少なく、多くはキオスク的な感じの

お菓子やチップス、チョコ、簡単なお土産物が売っている店です。


だだ、サンフランシスコの空港にはコーチやサムソナイトも入っていました。


カルフォルニアの地図を抱きしめた熊のバックが売っているのを

見つけたのですが、

なんと、+TAX と書かれた値札にゲンナリ。

ここは税金かからないエリアなのでは???と思ってやめちゃいました。


ちなみに、出国手続きは最新のぐるっとレントゲンをとるような機械が導入されていて、

とてもセキュリティチェックが厳しく、時間がかかります。

もちろん、靴も脱ぎます。

ポケットに紙や文庫本を入れていてもNGです。


出国ゲートをくぐったら喫煙スペースはありません。

外の空気が吸える場所で、たばこも十二分に吸っておいてください。




でも、日ごろ見ない飛行機がいっぱいいて、楽しい。

アラスカ航空とかサウスウエスト航空とか。

ちょうどエアベルリン破産宣告の後で、私が乗るキャセイの前の便がエアベルリンで笑っちゃいました。




さて、HPでリニューアルされたと書かれていたキャセイラウンジは、

イミグレを出てすぐのグッチの横のエスカレーターを上がったレベル3にあります。


アジア系のラウンジが固められているエリアで、JALさんとかもありました。


ヌードルコーナーがあると聞いていたのですが・・・


食堂の窓口のようなカウンターがあり、おばちゃんが1人立っていて、

オーダーするような感じです。

チャイナタウンもあるサンフランシスコですので、中華料理をつくるのは得意なんでしょうか。

御惣菜のコーナーにも 酢豚や炒め物など中華が並んでいました。



ただし。


担担麺。


なんとなく、いつもの香港のラウンジと違います。


麺はうどんのように太く、ゴマの風味はそこそこに、白い汁。あんまり辛くありません。



ワンタン麺。


乾麺のいつもの味ですが、ワンタンはお肉ベースで海老は入っていなさそう。


ご当地の味ということで・・・


その他、フルーツ、チップス、ワイン、ビールなど不足はありませんでした。

私の大好きなベリーのはちみつ和え (ストロベリー、ブルーべリー、ラズベリーにはちみつシロップをかけてある)があり、テンションUP!!!

(香港→関西の 深夜便のビジネスクラスの朝食によく付いてくるヤツです)


サンフランシスコで獲れたものなら、美味しい事間違いなしですね。




椅子はいつものキャセイ。



ひとりで丸くなって寛げるので、この椅子が好きなんです!