月イチ海外旅行!飛び回り!

月に一度は飛行機に乗ってどこかに行きたい。
単なる現実逃避なのか、前世が旅人、冒険好きのネズミだったのか?
マイレージを貯めるうちに勤め人でありながら月に一度は海外旅行に✈️。
15歳年上の腰痛持ち、ヘビースモーカーの旦那と一緒に色々な所に出かけます。
ある時は着物友達のマダム達と、
ある時は30代後半独身会社の後輩と、
ある時は学生時代の同級生と。

はじめての シェムリアップ その3

ご訪問ありがとうございます。


​アンコールワットで朝日を鑑賞し、ぐるりと遺跡をまわって、

つづいてはアンコールタムに向かいます。


すでに汗だくでヘトヘトなんですが、朝食も食べて、

車に冷房で少しすずんで、いざ出発!


アンコールタムは広いので、象に乗って回れるオプションがあるそうなのですが、

いきなり門の前で象さんに遭遇。

次回は絶対!象に乗る!と誓いました。

象の背中から見ると高いだろうなぁ。



そしてすぐにアンコールワットととは異なるイメージの迫力のある遺跡が出迎えてれました。


個人的には、アンコールワットより、タムのほうが見ごたえがありおススメです。


バイロン遺跡が有名なのですが、

すでに、門だけで圧巻。

修復してあるので、顔の色や形が多少違うのですが、

こちらの門のモチーフは空港やホテルのモニュメントにも使われる重厚なものです。


門の手前で車をおり、歩いて、門をくぐります。

門の向こう側でドライバーさんが待っていてくれました。


そして、バイロン遺跡。

(後で知ったことなのですが、

今勤めている会社は、このバイロン遺跡のVRを作っているらしい・・・

上映会があったんです。)



いろんな顔があるんですが、

中国の方がポーズを決めて、フォトジェニックなお写真をたくさん撮っていました。


歩き進むと、つぎつぎと遺跡が出てきます!


そこに目を見張る生き物が!!

サイ?カバ?



豚でした。



しかも、向こう側からもう1頭、緑色の藻の中を泳いできます。

千と千尋の神隠しに出てくる、むしゃむしゃご飯を食べ続ける豚さんそっくり。

貴重なものを見た感じ。


そして、象のテラスや仏像(王)のレリーフなど。

もう、ヘトヘトになりながら、車にたどり着きました。



アンコールタムはとっても広~い。

1回では回りきれません。

次回リベンジを誓いました。



門の出入り口の所に、地雷で手足を失った方達が、楽器の演奏をしています。

街中でもみかけますが、

皆さん自然と喜捨をしています。

私達もほんの僅かですが、お金を入れました。

物乞いではなく、楽器の演奏をしているところに好感がもてます。

そして、そのような事が組織だってできている位、被害者が多いのだとも感じました。

遠くない過去を知る瞬間です。



そして、つづいてタプローム寺院。

樹齢300年~400年の木が寺院を飲み込んでいるのか、

寺院が木に支えられているのか。

寺院が木を守っているのか。

微妙なバランスで共存しています。



日本の気候では樹齢300年ではここまで大きくなりませんよね。

(よく神社とかに樹齢300年のイチョウの木です!なんて書いてあります)



熱帯のパワーも感じます。

タープローム寺院は、おすすめ。

そんなに広くないです。

韓国からの団体のお客様が沢山。

お写真スポットは取り合いです(笑)