月イチ海外旅行!飛び回り!

月に一度は飛行機に乗ってどこかに行きたい。
単なる現実逃避なのか、前世が旅人、冒険好きのネズミだったのか?
マイレージを貯めるうちに勤め人でありながら月に一度は海外旅行に✈️。
15歳年上の腰痛持ち、ヘビースモーカーの旦那と一緒に色々な所に出かけます。
ある時は着物友達のマダム達と、
ある時は30代後半独身会社の後輩と、
ある時は学生時代の同級生と。

ドバイ アブダビ旅行⑵

​ご訪問ありがとうございます!


ドバイ・アブダビ旅行のパート2のはじまり~はじまり~です。


ドバイのホテルより車をチャーターして、

アブダビまでのドライブ2時間、ルーブル美術館での滞在3時間が終了しました。



ドバイ側からフェラーリランドのあるヤス島を通って、

アルジュベイル島、サディヤット島まで来ました。

すべて埋立地の人工島で、

これからアブダビ市内に向かいます。

10年前は、まだ埋め立てている最中で、

こんなにクルット車で回ることはできなかったのに​・・・




アブダビで一番有名なホテル!エミレーツパレス。

映画に登場したり、国賓級の政治家が宿泊したりします。

私達がおとすれた翌日も、日本の安倍首相夫妻がくるということで、

日本人プレス用の案内などが貼ってあったりしました。


エミレーツパレスの横には、アブダビの殿下と皇太子など王族の豪邸が並んで

建っています。

ひたすら広ーいホテルです。中東の王族好みの内装。

ちらっと見学するだけなら、無料なので、アブダビツアーには必ず入っている場所かもしれません。

もちろん、ここからは宿泊者オンリーというように、一部のエリアだけ。

ちゃんと分けられています。



続いて、私が大好きなシェイクザイードモスク。

(会社のPCの壁紙にしています)

10年前に行った時はオープン直前の工事中。完成したのに10年も行ってなかった・・・



あいにく礼拝中のため、中には入れず外見のみの見学。

女性はアバーヤを被るのが必須です。(レンタルもあるようです)

男女別のセキュリティチェックを受けるところで貸してもらえます。


マイ・黒・アバーヤを着用して、靴をぬいで、回廊に入ると・・・



日の当たっている所は、足の裏が焼けそうに暑い!

写真の撮れる場所も限られていますが、

逆光でも、神秘的なすてきな写真がいっぱい撮れます。


中に入れば、大きなシャンデリア、大きなペルシャ絨毯などを観ることができます。

(翌日 安倍首相夫妻が入っている姿がTVに写っていました)


柱の彫刻など手仕事で職人さんが作っていた時のことを思い出すと、

感無量です。

とっても大きなモスクですが、柱のタイル装飾など注意深くみると趣き深いです。


外にはコーヒーショップやおみやげ売り場なども併設していて、

亡き国王が眠る廟がある場所は少しだけ静かです。


イスラム教徒以外にも開放してくれており、

イスラム文化をちょっとだけ感じることができる場所かもしれません。



そして、ドバイに向けて、帰路につきます。

帰りもがっつり2時間。

交通渋滞が一番激しいのが、メイン通りシェイクザイードロードの18時~20時だと思います。

今では他の道ができたので、迂回ルートもあるのですが、

基本渋滞覚悟の時間帯なので、気長に。気長に。

でも、タクシーでメーターが上がったら、気が気でないかもしれませんね。