月イチ海外旅行!飛び回り!

月に一度は飛行機に乗ってどこかに行きたい。
単なる現実逃避なのか、前世が旅人、冒険好きのネズミだったのか?
マイレージを貯めるうちに勤め人でありながら月に一度は海外旅行に✈️。
15歳年上の腰痛持ち、ヘビースモーカーの旦那と一緒に色々な所に出かけます。
ある時は着物友達のマダム達と、
ある時は30代後半独身会社の後輩と、
ある時は学生時代の同級生と。

宅急便でスーツケースを運ぶ

今日もご訪問ありがとうございます。


さて、あと4日でお盆休み突入です。

そろそろ旅の準備に入らないといけないので、

早速荷物の引取りのTELをしました。


クレジットカードの付帯サービスで

空港⇔自宅 の スーツケース 宅配引取りが超らくちん!なのです。


自宅は関空快速がとまる大阪市内なので、

スーツケースをがらがら転がすのも15分くらいなのですが、

便利なところは、使わないと損!というおばさん根性丸出しで、

大変助かるサービスをよく利用します。



さすが、お盆休み、電話も混んでいて待ち時間が長い・・・


しばらく待って、オペレーターさんにつながります。


まず、自分の名前と手荷物を引き取ってほしい旨を伝えます


そして、手元に下記を用意。


①クレジットカード番号

②名前

③出発便名

④引取り希望日


後は、希望日に日本郵便さんが玄関に引取りに来てくれるのを待つだけです。


だだし、1週間前ぐらいに余裕をもってTELする必要があります。


今回はアメリカ旅行なので、

我が家で一番大きなスーツケースを用意しました。


空港での引取りは、出発階にある宅配業者のカウンターに行って、


①クレジットカード

②Eチケット

を用意して、引取りを行います。


そして、エアラインカウンターに向かえばOK


ちなみに・・・

荷物が大量に増えている帰りも・・・



空港から送っちゃいます!


おみやげ等をスーツケースから手持ちのバッグに詰め替えて、

宅急便でGO!


自宅ではなく、最寄のヤマト運輸の営業所止めという裏ワザです。


我が家は駅と自宅の間に、ヤマト運輸の営業所があり、

21時まで受け取りができる立地!


今回は早朝6時30分に到着する便なので、

そのまま会社に出勤します。

なので、


空港

⇒会社に出勤 

⇒ 仕事 

⇒ 帰りに営業所でスーツケースを受け取り 

⇒ 自宅へむけてゴロゴロ(5分)


こんなことができちゃうんです。


朝イチに預ければ、当日着の配送に間に合うのです~


これだけでもクレジットカードの高い年会費を払う価値はありますね(笑)